シングルマザーが手に職をつけるメリット

シングルマザーが手に職をつけるメリット

シングルマザーにおすすめ資格ベスト3>>シングルマザー資格取得の裏技【一覧】>シングルマザーが手に職をつけるメリット

手に職をつけるとは一体どういうこと

シングルマザーが手に職をつけるメリット

『手に職をつける』を辞書でひも解くと、『職業または職能を自分のものとすること。生計を立てるための仕事、あるいは、仕事に就くための技能や資格を獲得すること。』などと紹介されています。

シングルマザーがアドバイスされる状況を考慮すると、手に職をつけるとは、生活を安定させるため仕事や職業に就くための資格や技能を身に付けることだと言えるでしょう。

つまり、手に職をつけるということは、ある資格や技能を有していないと就けない仕事があるということ、逆に言えばある仕事に就くには必要な資格を取得しなければならないということです。

そして、そういう仕事や職業に就けば、安定した収入を得ることができるからシングルマザーにアドバイスされるのです。

手に職をつけるメリット

誰にでもできる仕事、人材の取り換えが容易な仕事は、仕事に就きやすい反面、職を失うのも容易という逆の面もあります。

資格や技量を保有していないと就けない仕事は、資格取得までの困難はあっても、一度ハードルを越えてしまえば、その先には安定した生活と収入が得られるのです。

つまり、安定した生活と収入が手に職をつけるシングルマザーにとって最大のメリットです。

仕事に就くとき、手に職をつけるような資格があれば、履歴書に明記しても、面接でアピールしても、強力にあなたの後押しをしてくれます。

強力な手に職をつける資格の代表的なものとして医師、弁護士、看護師、薬剤師などを考えればそのメリットは十分に理解できるでしょう。

シングルマザーも手に職をつけられる

手に職がつく資格として、看護師などと言われてもシングルマザーにはハードルが高すぎる・・・確かに看護師や薬剤師になるには学歴と資格を取るために6年くらいが必要だと思います。

でも、半年程度の勉強でも看護師や薬剤師と同様の手に職がつく資格があるのです。

しかも平成27年から受験資格の制約が緩和され、ハードルがさらに低くなった資格なので、シングルマザーのあなたでも十分に資格取得のチャンスはあります。

その資格とは、薬剤師に次ぐ資格と言われる都道府県が認定する公的資格で、登録販売者と呼ばれている資格です。

>>手に職がつく資格『登録販売者』


今こそ取るべき資格

人気の資格をジャンル別に紹介
矢印

どんな資格がピッタリが分からない人に!!

自分にピッタリの資格が分からないなら『適性診断テスト』でチェックしてみよう!!

質問に答えていくだけのカンタン診断
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]

おすすめ資格ベスト3
おすすめ仕事探し
取るべきおすすめ資格
資格取得【裏技】