シングルマザーが資格を取得する意味とは

シングルマザーが資格を取得する意味とは

シングルマザーにおすすめ資格ベスト3>>シングルマザー資格取得の裏技【一覧】>シングルマザーが資格を取得する意味とは

国家資格、公的資格、民間資格の違い

シングルマザーが資格を取得する意味とは

そもそも国家資格、公的資格、民間資格って何が違うのか、大まかには分かっていてもここが不明確だとどんな資格を取っていいのかも曖昧になってしまいます。

各資格の違いを理解して、シングルマザーのあなたに合った資格を取得して、就活・転職、生活の安定、有意義な人生につなげて下さい。

国家資格とは

国の法律に基づき、国や国から委託された機関が試験実施・認定する資格。

資格試験に合格した人は、一定の知識・技術を国から保証されます。

国が認定する資格、それが国家資格で、認定基準が示されていて難易度は高いのですが、知名度・信頼度も高く業務を独占できる資格が多いのが特徴です。

医師、看護師、弁護士、保育士、幼稚園教諭、栄養士、介護福祉士などが国家資格の一例です。

公的資格とは

国家資格と民間資格の中間的な位置づけ。

公的機関(都道府県・財団法人・社団法人など)が試験を行い、官庁・大臣・日本商工会議所などが認定する資格。

法的な規制はないものの、官庁、大臣、商工会議所などが認定する資格が多いため、知名度・信頼度が高い資格が多いのが特徴です。

簿記、ケアマネージャー、登録販売者、食品衛生責任者などが公的資格の一例です。

民間資格とは

業界の発展・向上を目的として、民間団体・企業・学校が独自の基準で認定する資格。

国家資格、公的資格以外のその他の資格。

民間団体や企業、学校などが認定する資格で、様々な資格が存在しているのが現状です。

知名度のないような資格から、TOEIC、英検のように知名度・信頼度の高い資格までたくさんあります。

TOEIC、英検、MOS、チャイルドマインダー、ネイル検定、秘書検定、医療事務、調剤薬局事務、介護事務などが一般的に知られている民間資格の一例です。

シングルマザーが資格を取る意味

国家資格、公的資格のように法的な裏付けがあったり、知名度・信頼度の高い資格は、履歴書に明記すれば就活、転職の際に大いに役立つものです。

特に国家資格の中にはその職に就くためには不可欠の資格もあるので、この辺りの資格を取る意味は自ずと分かっていると思います。

シングルマザーが民間資格を取る意味

では、法的根拠のない民間資格を取得する意味はどこにあるのでしょうか。

はっきり言って民間資格の多くは、その資格を持っていても持っていなくても仕事はできるという側面があります。

例えば民間資格の医療事務については、持っていなくても医療事務作業は行えます。

しかしいきなり全く医療事務について知らない人に医療事務の作業が果たしてできるでしょうか。

もちろん先輩や周囲の人に教えられながら仕事をしていけば徐々に医療事務ができるようになると思いますが・・・。

そう、民間資格を取るということは即戦力として使えることの証、基礎知識、技量はしっかりしたものを持っているということなのです。

民間資格は、シングルマザーが就活・転職するときに、他人との差別化を図ったり、即戦力を示すためにとても有効な手段の一つなので、必要な資格取得をすべきなのです。


どんな資格を取ればいいか適性診断する
矢印

ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]

資格取得講座を探して資料請求【無料】
矢印


今こそ取るべき資格

今が旬のシングルマザーが取るべき資格を人気ジャンル別に紹介しているので、資格取ろうか考えているならちょっとチェックしてみてくさい。

人気の資格をジャンル別に紹介
矢印

おすすめ資格ベスト3
おすすめ仕事探し
取るべきおすすめ資格
資格取得【裏技】