シングルマザーの資格取得支援制度を活用しよう

シングルマザーの資格取得支援制度を活用しよう

シングルマザーにおすすめ資格ベスト3>>シングルマザーなら資格取得しよう>シングルマザーの資格取得支援制度を活用しよう

母子家庭自立支援給付金制度とは

シングルマザーの資格取得支援制度を活用しよう母子家庭自立支援給付金制度は、母子家庭のシングルマザーの経済的な自立を支援するための、就労支援事業です。
厚労省と地方自治体が協力して推進している給付金制度で、就業経験が乏しいシングルマザーが就活・転職に有利な資格を取ることを支援し、安定した生活を送れる収入を得て、経済的に自立できるように手助けするものです。

支援制度の実施主体

母子家庭自立支援給付金制度を実質的に担任しているのは、都道府県、市(特別区を含む)及び福祉事務所設置町村です。

支援事業内容は2種類

母子家庭自立支援給付金制度には2種類・・・自立支援教育訓練給付金と高等職業訓練促進給付金等事業とがあります。それぞれ要件、支援内容などが違いますので、しっかり確認して活用できる制度は活用しましょう。

自立支援教育訓練給付金

シングルマザーの能力開発の取組みを支援する制度で、対象教育訓練を受講し、修了した場合にその経費の60%(下限は12,000円、上限は修学年数×20万円、最大80万円)が支給されます。

支給条件として、対象講座を受講する前に都道府県等から講座の指定を受ける必要があるので、住んでいる地域の役所や都道府県に相談しましょう。

相談の際には、受講開始日の確認、受講動機、修了後に取得できる資格、予想される就職先などについて質問されるので、準備をしておくと良いでしょう。

自立支援教育訓練給付金の対象者

支援の対象者は、母子家庭のシングルマザーで、現に児童(20歳に満たない者)を扶養し、以下の要件を全て満たしている人です。

対象となる講座は、雇用保険制度の教育訓練給付の指定教育訓練講座と、その他都道府県等の長が地域の実情に応じて対象としている講座です。通信講座や通学講座を受講する際は、対象講座となっているかをしっかり確認し、必要なら都道府県に相談してみれば良いでしょう。

高等職業訓練促進給付金等事業

高等職業訓練促進給付金等事業は、シングルマザーが専門知識や技能を要する資格を取得するために、養成機関で1年以上の修業が必要となった場合に給付金を支給する制度です。そして、高等職業訓練促進給付金等事業には、修行中に支給される給付金と資格取得後に支給される給付金があります。

高等職業訓練促進給付金の支給額

支給額 月額100,000円 (市町村民税非課税世帯)
月額 70,500円(市町村民税課税世帯)
ただし、養成機関における課程修了までの期間の最後の12か月については、月額140,000円(市町村民税非課税世帯)月額110,500円(市町村民税課税世帯)
支給期間 修業期間の全期間(上限4年)
ただし、当該給付金の支給を受け、准看護師養成機関を卒業する者が、引き続き、看護師の資格を取得するために養成機関で修業する場合には、通算3年分の給付金を支給。

高等職業訓練修了支援給付金の支給額

支給額 50,000円(市町村民税非課税世帯)
25,000円(市町村民税課税世帯)
支給期間 修了後に支給

給付の対象となる資格

高等職業訓練促進給付金等事業の対象となる資格は、就職の際に有利となるもので、法令の定めにより養成機関において1年以上のカリキュラムを修業することが必要とされている者について都道府県等の長が指定したものとなっています。

対象とされている資格の一例は、看護師、介護福祉士、保育士、歯科衛生士、理学療法士、保健師、助産師などです。
取得を考えている資格が対象になるか否かについては、細部の規定等があるため、詳細は都道府県に相談してみると良いでしょう。

今こそ取るべき資格

人気の資格をジャンル別に紹介
矢印

どんな資格がピッタリが分からない人に!!

自分にピッタリの資格が分からないなら『適性診断テスト』でチェックしてみよう!!

質問に答えていくだけのカンタン診断
矢印
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]

おすすめ資格ベスト3
おすすめ仕事探し
取るべきおすすめ資格
資格取得【裏技】